いつか、きっと

「ノルウェイの森」の断片

何故彼女が僕に向かって「私を忘れないで」と頼んだのか、その理由も今の僕には分かる。
もちろん直子は知っていたのだ。僕の中で彼女に関する記憶がいつか薄らいでいくであろうことを。だからこそ彼女は僕に向かって訴えかけねばならなかったのだ。
「私のことをいつまでも忘れないで。私が存在していたことを覚えていて」と。
そう考えると僕はたまらなく哀しい。何故なら直子は僕のことを愛してさえいなかったからだ。
(村上春樹「ノルウェイの森」)


現に僕が哀しかったのは
自分という存在が いわば道具のようなものだったからだろう
少なくとも自分の中にあるのはそんな実感でしかなかった
確かに自分は必要とされてはいた
しかし愛されているという実感は欠片もなかった
それが未熟さから来る誤解であったか あるいは非情な現実だったかは
今はもう確かめるすべはない
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2006-07-15 00:57 | その後
<< ショートケーキの上の苺 同志の方々に捧げる言葉 >>



一歩ずつ前に進もう。ヒシアマゾン@管理人
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
MY FRIENDS
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
My Twitter
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧