いつか、きっと

血は凍っていなかった

明け方にさ 泣いたんだよ
夕べ君のことを考えていたからかもしれないな

久しぶりの君は恥ずかしそうで
でもたくさん話して たくさん笑って
そして肩を抱かせてくれた

目を開けたとき まだそのぬくもりが残っているような気がした
やっぱり夢だったんだなあって思ったら
君の名前を呼びながら泣いていたよ
何度も何度も呼んだんだ

長い間 泣けなかったのにね

でも辛い涙じゃない

心の奥で何かが溶けていくような
そんな涙だったよ
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2006-07-20 21:02 | その後
<< 気づき NEXT TIME >>



一歩ずつ前に進もう。ヒシアマゾン@管理人
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
MY FRIENDS
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
My Twitter
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧