いつか、きっと

今日期せずして通り過ぎたとき
心を無にしようとすればするほど
目に映る風景のひとつひとつが心を揺さぶる
手に負えないほどたくさんの想いに押し流される
この切なさが何を意味するのか本当は気づいている
そしてそれが今となっては無意味であることも

両側に銀杏の並木が延々と続き
その黄色の鮮やかさが目に沁みる
歩道は黄色い落葉の絨毯
夜には街中が
たくさんのクリスマスイルミネーションで溢れているだろう
気がつけばもうそんな季節になっていたんだな
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2006-12-06 21:01 | 個人的なこと
<< 光は発想の転換の中から * >>



一歩ずつ前に進もう。ヒシアマゾン@管理人
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MY FRIENDS
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
My Twitter
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧