いつか、きっと

願い

こんな話を聞いた
ライフセーバーは溺れている人を救助するとき
相手を一度わざと沈めるのだそうである
溺れている人にしがみつかれると自分まで沈んでしまうから
あえて自分に対して恐怖心を抱かせることで
必要以上にしがみつかれないようにするのだそうだ

自己犠牲が必ずしも人を助けることにならないということ
また反対に相手に犠牲を求めた時点で
その人間関係は破局に向かって突き進んでいるということ

自己犠牲は一見とても気高く美しい
だがその行為の裏にあるものはおそらく
強烈な自己陶酔への欲求であり それと同時に
賞賛や感謝や受容を相手に強要する
そんな脅迫的とも言える心理的プレッシャーが潜んでいる
それは相手を苦しめ追いつめる
その意味で究極のエゴイズム
いずれか一方の犠牲の果てに待つものは
共存共栄でもなく
一方の幸福でもなく
結局は双方の破滅

共に生き 共に支え合う健全な人間関係のもとで
はじめて人は人を救うことができ 人は人に救われる
そういう一定の距離を置いた穏やかな関係が保てないとすれば
自分も死に 果ては相手の幸せをも踏みにじるのと同じだ
ならばどんなに辛くても離れるしかない

上っ面な正義感を振りかざし
それを逃避だとか卑怯だとかエゴだとか非難する者もあるかもしれない
見捨てられたと相手から恨まれ罵られるかもしれない
あるいはもっとも自分を苦しめるのは自分自身の良心かもしれない
でも何も恥じることはないと思う
自分を責める必要など何もないと思う
堂々と胸を張り前を向いて
自分の幸せのために精一杯頑張ればいい
私はそう考える

気の遠くなるほど長い時間だった
でも私はようやくここに辿り着いた
いや正確にはあともう少しで手が届きそうなところまで来た

私はあなたに壊れて欲しくない
だからもうこれ以上苦しまないで

笑ってください

それが私の願い
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2007-04-08 14:29 | 個人的なこと
<< LOST * >>



一歩ずつ前に進もう。ヒシアマゾン@管理人
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
MY FRIENDS
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
My Twitter
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧