いつか、きっと

皮肉

会社の宿直室の窓から街の夜景が見える
タバコをふかしながらぼんやり眺める
確かに自分はいまここにこうしているんだなぁ
彼女の家はここからクルマで30分くらいの目と鼻の先にあるのだ
そうだった
実家から70キロ離れたこんなところへ異動希望を出したのはこの自分だったっけ
まだ細い糸がかろうじてつながっていた数年前、少しでもそばにいたい一心でそんな希望を出したのが、いまこの街にいるそもそもの原因になった
叶わないと思っていた希望は現実のものとなり現に自分はここにいるのに、もう手は届かない
人生は随分と皮肉なものだなぁ
そう思ったら苦笑がわいた
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2007-09-12 21:38 | その後
<< 重たいもの 眠れない夜 >>



一歩ずつ前に進もう。ヒシアマゾン@管理人
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
MY FRIENDS
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
My Twitter
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧