いつか、きっと

傲り

いつまでたっても自責から逃れられないのは、
自分が見捨てたと思い込んでいたからなんだな。
なんて傲慢だったんだろう。

本当は違う。
自分は愛想を尽かされたのであって、見捨てられたのは自分のほうだったんだ。
ああ、このままではあまりに滑稽すぎる。
だからもう悲劇の主人公ぶるのはやめなければ。

でもそう考えたら、気持ちがものすごく楽になった。
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2008-01-26 20:51 | 個人的なこと
<< 無力感 ポロポロ >>



一歩ずつ前に進もう。ヒシアマゾン@管理人
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MY FRIENDS
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
My Twitter
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧