いつか、きっと

カテゴリ:その後( 169 )

潮時

たくさんの思い出がある。
たくさんの人とのつながりもあった。
今でも大切なもの。
そしてこれからもずっとそうだろう。

過去を振り返れば、耐え難い恥ずかしさに襲われる。
いまだに何も成長していない自分のことを思えば、それはなおさらだ。
今の自分にかろうじてできることは、徒に感傷的になりすぎないこと。
その程度のものだ。
それさえも自分を守るためであって、誰かのためではない。
自分はどこまでもエゴイストなんだなと、つくづく思う。

ひたすら反省しながら日々を生きる。

筆を置こうと思う。
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2008-11-15 23:28 | その後

できれば友人のままでいたいから。

ありがとう。ただ・・・どうか私のことを買いかぶり過ぎないでください。
私はかつて、病気で苦しんでいた女性を見捨てた男です。どんな言い訳をしようとも、支えきれず逃げ出したのはまぎれもない事実で、私はこのことに向き合いながら生きているし、これからも生きていきます。それがせめてもの罪滅ぼしなのです。

そんな自分があなたを本当に支えていけるか?と聞かれたら…きっと難しいでしょう。
おそらくは過去と同じ過ちを繰り返してしまうでしょう。
自分には資格がない。そのことに気づいたとき、気持ちを整理することにしたのです。
それがなかなかできずにいましたが、やっとそのきっかけを見つけることができました。

好きという気持ちだけでは、誰かの支えになることはできません。そんな甘いものじゃないし、もっと深くて広い何かが必要なのだろうと思います。
だからこそ、今このときにそばにいて心の支えになってくれている人のことを、どうか大切にしてください。その人のそばを離れずにいることが、何よりです。

長々とごめんなさい。明日は早番なので、そろそろ寝ます。
また会えるときまで、お元気で。
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2008-09-14 21:21 | その後

屈伏

改めて女性の、いやその人のしたたかさを見た思いがした。
ああいうことは、自分だったらとうていできない。
こんな時間まで付き合ってる自分も愚かだとは思うけど、やはり自分は甘いのだろうか。たぶんそうなんだろうな。人を見る目がない。
人間不振になりそうだよ。
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2008-09-13 03:59 | その後

音沙汰

直接じゃないけど。
でも、それでも聞けて良かった。
頑張っているみたい。
胸の奥が温かい。
無理には否定しないでおこうと思う。
人として当たり前の素直な気持ち。
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2008-08-26 23:51 | その後

呪縛

今朝また夢を見たよ。
もうたくさんなのに。
呪縛を解くのは自分であって、他の誰でもないよ。
いいかげんに何とかしないと。
どうすればいいだろか。
いっそのこと、お見合いパーティーにでも参加してみっかww
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2008-08-14 22:41 | その後

自己嫌悪

昨日、その人の異動先を訪ねた。
そこにはかつて自分の上司であった人がいる。
目的は日頃の無沙汰を詫びたかったことと、その人の近況を聞くこと。
4月当初に比べればやや元気になってきたとのこと。でも、どうしても職場のほうに足が向けられずにいるらしい。
異動してくる以前から相当無理を重ねていたみたいだね、と元上司は言った。
そうか。自分は身近にいながら、それに気づいてやれなかった。
でも、気づいていた人もいたんだな。
自分にはできなかった。できるようなふりをしていただけだった。
上っ面で薄っぺらな偽善だったんだと思った。これだから、いつも人を傷つけてしまうんだな。
話を聞きながら、ものすごく情けない気持ちになった。
自分が関わったことで傷つけた人たちは、きっと自分が想像している以上に大勢いる。
こんな人間で、本当にごめんなさい。
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2008-08-02 21:35 | その後

クルマを洗ったあとで

暑い昼下がり
まどろんだ
そして夢をみた
お元気ですか?
また一緒に飲みに行きたいです
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2008-07-12 19:59 | その後

無情

距離を置くことにしましたと聞かされた。
いろんなことがあったらしい。
そうすることに対して、かなり迷ってもいたらしい。
彼は懸命に支えようとしていたに違いないのに、
そういう真摯な思いが何故いつもこうして砕かれるのか。
自分を守るために逃げ出すようなことになってしまったと、彼は自分を責めていた。
無理もない。

でも、そうじゃないと思うよ。
自分のことを大切にして何が悪いものか。
心も体も健全で、そして強くあること。
そうでなくちゃ誰かを支えるなんてできないと思うよ。
きっと、そうなんだよ。
だから、いったん距離を置くことも決して悪いことじゃないんじゃないか?
態勢を立て直したら、また事に望めばいいんだ。
応援しているからな。
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2008-06-07 21:55 | その後

また・・・

ゆめで目が覚めた。
どうしたんだろう。やっぱり辛いのかな・・・
どうか負けないで欲しい。そう祈ることしかできない。
さぁ、もうひとねむり。
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2008-06-04 03:00 | その後

再確認

おめでとう・・・
驚いた・・・ありがとう・・・
ことばが返ってきて嬉しかった
またことばを送る
また返る
懐かしさがあふれた
もう一度送る
とつぜんぷっつりと途切れる
「でもこれきりにしてね」も「さよなら」すらもなく
幕はいきなり降ろされる
特別なことばを吐いたわけじゃない
久しぶりに交わしたことばが
何のへんてつもない普通の会話が続かない
それって友だち同士のそれだとしても不自然だ
君だってそう思うだろう?
やっぱり無理なんだと
僕らは友だち同士にさえもなれないんだと
そう思い知らされた
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2008-05-31 22:19 | その後



一歩ずつ前に進もう。ヒシアマゾン@管理人
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
MY FRIENDS
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
My Twitter
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧