いつか、きっと

<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

同志の方々に捧げる言葉

人を恋いうる気持ちはすごく尊いけれど
「好き」という気持ちだけで 人を支えていくことはたぶん難しいんだと思う
こんなに好きなのに こんなに尽くしているのに・・・・
そんな気持ちばかりが先に立ち自分の存在意義を見失って
とても辛くなってしまうよ
自分もね すごく辛かったよ・・・・

その人にとって自分が必要かどうかって考えてしまうと
いつまでも答えが得られなくて どんどん自分を追い詰めてしまう
必要とされていることを確認することで精神的な安定を得ようとするのは
相手への「依存」であって 愛情とは違うのだと思います

だから

自分が傍らにいてその人が幸せになれるかどうかって考えてみる

あまりの辛さに取り乱したり喧嘩したりすることで
自分が傷つくだけでなく 「相手の心も」傷つけていないか
優しさと冷徹さがコロコロ入れ替わり 翻弄され振り回されて
精神的にズタズタにされるようなそんな今の辛さを乗り越えて
心静かに寄り添っていけるか
自分にその強さがあるか
またその人を甘やかすばかりでなく
その人の精神的自立を促すために 時に厳しく愛情をもって事に当たれるか
そのためには人間的な成熟が求められるが 自分にそれがあるか・・・
そんないろんなことを冷静に考える時間を作ってみるのです

そして悲しい結論が出たならば 潔く身を引く
いえ 引かなければなりません
その人を大切に想い その人の幸せを願うなら
おのずと答えは分かるはず
それはその人を見捨てることとは違う
その人の幸せのために
好きで好きでたまらない気持ちを心の片隅にしまうのです
それはその人を愛すること そして自分自身を大切にすることです

でも・・・・
その人の幸せのために「自分が必要」だと信じるなら
また自分の幸せのために「その人が必要」だと信じるなら
例えどんなに辛くても苦しくても乗り越えて行けるはず
「自分が必要なのか」なんて迷うこともなくなるはず
私にはできなかったけれど
もしあなたが その道を歩いて行くと決心されるなら
私はあなたをずっと応援します

もうここには何も書かないつもりだったけど
最後の最後に
志を同じくする方々のために 精一杯のエールを贈ります
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2006-06-22 22:08 | その後

ショパン

ずっと ピアノを弾けるようになりたかった
ショパンが大好きだから
時々CDを引っ張り出して聴いたりする

アシュケナージさんの演奏が好き
優しくて破綻がなくて 安心して曲に浸れるから

練習曲第3番ホ長調op.10-3
ありきたりでも やっぱりこの曲が一番好き

この曲をみなさんに捧げます

今まで本当にありがとう
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2006-06-15 21:37 | その後

爾今生涯

今を生きよう

人生はこれから先にある
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2006-06-10 15:27 | その後

揺らぎ − その意味

たぶん

涙できなくなるほど 歩き続けてしまったこと
そんなにも過去になりつつあることの
寂しさ
気がつけば
こんなところまで来てしまっていた
とまどい

遠くなった
もう朧にしか見えず
引き返そうにも  もうそれはあまりに遠くて

いつかこの寂しさを
この空しさを
きっと乗り越えてゆく
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2006-06-04 16:51 | その後

ドラマ見て思ったこと

中途半端な優しさは 人の心を傷つける凶器
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2006-06-02 01:09 | その後

迷宮の渦

このまま何もなかったかのように風化していく

もう涙すら出ない 凍りついた血液

これで良かったのかすら分からない

このままどこまで逃げればいいの

このまま死ぬまで自分を偽り続ければいいの

こんな人生でいいの

また

渦の中に堕ちてゆく
[PR]
by hishiamazon-na6 | 2006-06-01 23:17 | その後



一歩ずつ前に進もう。ヒシアマゾン@管理人
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
MY FRIENDS
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
My Twitter
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧