いつか、きっと

闘い

心を病み、見えない出口を探し求める。
自らの生命すら断つことまで考え、ときにそれを行動に移す。
それほどうつと闘う方たちの苦しみは過酷であり、
健常な者にとってはその完全な理解は、まず困難なことだろう。

事実、私にも「困難だった」。

彼女は、自分の苦しみや周囲への愚痴をとめどなく私に話してくれた。
私はその彼女の心の叫びに耳を傾けながら、どうしようもない閉塞感を感じた。
「その苦しみを、どうしてやることもできない」という無力感に何度も押し潰されそうになる。
たぶん、彼女は聞いて欲しかっただけだったろう。
私に何とかして欲しいとか、何とかしてもらえるという期待は
抱いていなかったのではないか、と思う。
彼女は,ただ誰かに話を聞いて欲しかった。
そうでなければ自分の心の中に溜まりに溜まった負の感情の
持って行き場がなかったのだ。

ところが私の中には、
彼女のために何とか力になりたい、力にならなければいけないという気負いがあった。
焦りがあった。
しかし、相手が子どもであるならいざ知らず,
一個の大人のために「してやれること」などは極めて少ないもの。
それでも何とかしなければと、
私は・・・・・
その自分の中の強迫観念に押し潰されそうになっていた。

いや、現に押し潰されてしまっていた。


人の話の聞き手になることは、難しい。
相手の話を親身になって聞く、と同時にその話に決して飲み込まれず巻き込まれない。
その人の現在の状況、気持ちを読み、理解しようと努めながら、
その負の感情をいったん受け止めつつ、自分の内にはとどめることなく逃がしてやる。
そうすることで、相手の心の負のエネルギーの捌け口になる。

残念ながら私には、できなかった。力不足だった。
私は彼女の言葉によって生まれた自らの感情を、彼女に真っ向からぶつけてしまった。
彼女を傷つけ、病状を悪化させてしまった・・・


彼女は今も独りぼっちで闘っている。
今の私はただそれを遠くから見守っていることしかできないでいる。

もう一度やり直したい。彼女にそう言ったら許してくれるかもしれない。
だがもう一方では、もうかかわるべきでないという気持ちもある。
私とのかかわりが彼女の回復の妨げになるかもしれないという見えない恐怖。

闘っている。彼女も闘っている。だから私も闘わなければ。心の弱さを克服するために。
[PR]
# by hishiamazon-na6 | 2005-08-01 23:41 | その後

終幕〜そして

いろいろなことがあった。
自分にとってこれまでの人生で最高の時間、

と同時に深い悲しみにくれた時間。

しかし、また、かけがえのない時間でもあった・・・

終幕。

明日に向かって歩き出すために、

ここに、また、想いを綴ろう。

ここは自分だけの心の置き場所にしよう。
[PR]
# by hishiamazon-na6 | 2005-08-01 00:01 | その後

蒸し暑い昼下がり。洗濯を終え、ベランダに出てぼんやりとタバコをふかしていた。
目の前を一匹の蝶が舞っている。
漆黒にエメラルド色が映える美しい羽。ひらひらと楽しそうに舞っていた。
なんていう蝶なのか分からないが、あまりに美しいのでしばらく目を奪われていた。

ふと何の脈絡もなく彼女のことが思い出された。
去年の今頃、彼女は地元の祭りで法被姿で跳ね回っていた。
暑さの中、脱水症状みたくなっちゃって休憩してるってメールがあった。

今年はどうしているだろう。また跳ね回っているのだろうか。
いや、そんな元気はない、かな。

それは

俺のせいなんだよ、ね・・・

エメラルドが、滲んだ。
e0039370_2148859.jpg



Commented by バンビ at 2005-07-17 13:15
この蝶キレイですよね!私も好きな蝶です。
自由に飛び回っていると思いましょう。その方が希望が生まれます。

Commented by hishiamazon-na6 at 2005-07-17 17:10
そうですね、彼女も今はまだ「さなぎ」かも知れないけど、いつかあの蝶のように自由に飛び回る日がきっと来ると思います。ありがとう。
ネットで調べてみたのですが、「アオスジアゲハ」という蝶のようです。
実家のほうでは滅多に見かけない種類です。今住んでいるとこは千葉に近いので、昆虫の生息分布も若干違うのかもしれません。
[PR]
# by hishiamazon-na6 | 2005-07-16 21:44 | その後

輝く瞳

昼間、wonder-gooの中をブラブラしていて、ふと目についた。
つい先日まで中京TV系列で夜中に放送していたダンス番組のDVD。
才能豊かなダンサーたち。
3月に六本木ヒルズで彼らの実演を直接目の当たりにする機会に恵まれた。
田舎者の悲しさから都心まで車で行くことはあきらめ、愛車は東京のはずれの駐車場で留守番だった。
あの日彼女の体調が最悪だったことを思えば、
無理をしてでも車で行くべきだったのかも知れない・・・・・

ヒルズの広大さと迷路のような複雑さとに圧倒された。
小雪が舞うほどの寒さにもかかわらず会場はすでに多くのファンで埋め尽くされ、
熱気が渦巻いていた。そんな中、待ちに待ったイベントが幕を開けた。

BREAKIN'、アニメーション、LOCKIN'、POPPIN'、HIP-HOP、RAGGAE・・・
それまで知らなかったダンスの種類の多種多様さに驚かされたのと同時に、
彼らの素晴らしいパフォーマンスを心から楽しんだものだ。

その時のことが懐かしく思い出され、結局自分はそのDVDを持ってレジに向かった。

あの日、彼女は自分の傍らで身を乗り出すようにして、
彼らのダンスに夢中で見入っていた。
まるで子どものように目を輝かせていた。
自分でもダンスができるようになりたいと願っている彼女にとって、
目の前で繰り広げられている光景は、まるで夢のようなものであったろう。
と同時に、自分にとってもそれは夢のような時間だった。

あの時の彼女の輝く瞳が、今でも脳裏に焼きついている。


・・・・・なあんて、こんなことを書いてちゃあ新しいブログを立ち上げた意味がないね。
e0039370_21211590.jpg

[PR]
# by hishiamazon-na6 | 2005-07-09 21:19 | その後



一歩ずつ前に進もう。ヒシアマゾン@管理人
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
MY FRIENDS
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
My Twitter
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧